Menu
Home > 豆子郎の歴史

豆子郎の歴史

豆子郎の歴史

創業者はエンジニア

戦後まもなく、満州鉄道のエンジニアであった田原美介は、生まれ故郷の山口へ戻ってまいりました。しかし、技術を生かす仕事が見つかりません。そこで、根っからの「おいしいもの好き」であった美介は、妻栄子と故郷の名産「山口外郎(やまぐちういろう)」をもとに、よりおいしいお菓子が出来ないかを模索。試行錯誤を重ね、山口外郎と一線を画すお菓子を完成させました。それが「豆子郎」です。

「豆子郎」の誕生

さまざまな原料で作っては試食、作っては試食の試行錯誤の末に、独自の配合と製法で独特の歯触りと口溶けを兼ね備えた「生地」が誕生いたしました。その生地に「豆」を混ぜ、蒸し上げると、生地と豆との風味が引き立て合う、全く新しいお菓子が生まれたのです。女性が大きい口を開けなくても良いようにと、細長い拍子木状にカットすることを考えたのも美介です。美介はもともと菓子屋ではない「しろうと」が作り上げたという意味に「豆」の文字を与え、このお菓子を「豆子郎(とうしろう)」と名付けました。この名前には菓子作りの素人が「豆子郎」を生み出すまでの大変な苦労と真摯な姿勢を語り継ぎ、「奢る」ことのないようにとの戒めの意味が込められているのです。

「密封包装」技術の開発

創業当初は、手持ちの資金をかき集めて原料を買い、その原料でお菓子を作り、その売り上げで翌日の原料を買うといったことの繰り返しでした。甘い物に飢えていた戦後の山口の人々に「豆子郎」が受け入れられるまでには、そう長い時間はかかりませんでした。「飛ぶように」売れるようになったのです。次第に、お客様から「日持ち」のご要望が寄せられるようになりました。元来エンジニアであった美介は、当時の常識を覆す「密封包装」を考案し、実現。当時の技術水準では、豆子郎のように厚みのある商品を密封包装できる加熱殺菌用フィルムがなく、手探りの状態でフィルムの材質から研究し、幾多の失敗を重ねながらついに完成させたのです。今日では当たり前になっていますが、創業者田原美介こそ、この方式の生みの親なのです。これにより豆子郎は山口の名産として全国にお持ち帰り、お送りすることができるようになりました。

創業当時の味を再現

そして創業より30数年を経た昭和60年、創業当時の「豆子郎」を再現すべく誕生いたしましたのが、「生絹(すずし)豆子郎」です。豆子郎が生み出した「密封包装」による「日持ち」とは別の次元で、包装技術がなかった創業時の味を再現することは、私どもにとっても冒険でございました。幸いなことに、日持ちする「豆子郎」とは異なるみずみずしい味わいがご好評を賜り、密封包装の豆子郎と共にご愛顧をいただき、今日に至っております。

進化する豆子郎の味

「創業当時」とは申しましても、厳密に申し上げれば創業当時と同じ味ではありません。当時は原料の精製技術も、製造機器も今日と比較すれば未熟で、できあがりもばらつきがあったことは想像に難くありません。また「豆子郎」は、日々進化を続けております。お客様の味覚の「進化」に遅れることのないよう、毎日が試行錯誤の連続で、毎日「進化」していると云っても過言ではありません。ただ、その日の朝にできあがった「豆子郎」を、その日のうちにお召し上がりいただくのが当たり前であった当時の「創業精神」を、いつまでも語り伝えるために「生絹豆子郎」は生まれ、「豆子郎」と共に今日も進化し続けているのです。今日お召し上がりになった「豆子郎」は、昨日の「豆子郎」とは「同じであって同じでない」とお考えいただければ幸甚に存じます。